札幌市中央区大通東3丁目4-1 オフィス大通ビル7F TEL:011-231-3577 FAX:011-231-3578

各種データ

経済的効果

Economical effect

SEM活水器・アクアボルテックスによる経済効果

スケールの付着による燃料の消費の増加

硬度が高い水などは、鉄分、カルシウム、マグネシウム等のミネラル成分が多く含まれております。通常水中に溶解しているカルシウム、マグネシウム等、硬度成分はプラスイオンとして水中に存在します。硬水のミネラル成分は水に溶解しない為、陰極である金属面に付着し電荷を失い、固形物となるシリカがスケールの生成原因となります。
アクアボルテックス及びSEM活水器は水中にある酸素をマイナス酸素(マイナスイオン)にして、カルシウム等の硬度成分のプラスイオンと中和し、電荷を失い、陰極(−)である金属面へのシリカ、スケールの付着を防止します。配管内の赤サビ(Fe2O3)も活性水が通過する事により、徐々に黒サビ(Fe3O4 )に変化します。その為、赤サビによるピンホール配管の交換のメンテナンス費用のコストを考えますと、経済効果が期待されます。そして、配管の延命及びボイラー等の機械の延命にも効果を発揮します。

スケールの付着による燃料費のロス(一例)